ポスタ_R


河津バガテル公園で過ごすフランスの休日

-平面的で幾何学的、絵画的庭園という特徴を持つフランス庭園式 バラ園-

 

静岡県伊豆半島東岸にある河津バガテル公園は、パリ市にある「パリ・バガテル公園」の姉妹園として2001年にオープン。

3ヘクタールの広さに1100品種、6000株のバラが植栽されています。

フランス式庭園のバラ園の特徴は、芝をキャンパスに例え、ツゲを額縁のように用いその中に多種多様のバラを植栽し、一幅の絵画のように演出する技法です。

世界でも最も美しいバラ園と賞される精神が息づいた園として、パリ市の緑地公園管理局の専門家の指導の下、世界に二つとない公園になっています。

しかも園芸スタッフのバラ栽培技術は世界トップレベルであり、その技法に日本のみならず、世界中のバラ愛好家などから注目を集めています。

敷地内では香りをブレンドしてオリジナルの香りを作る調香体験やバラスクールが開催されており、見るだけでなくバラずくめの一日を楽しむことができます。

You can download the English version from here.